あなたの人生をより良いものにする事をモットーに

この人ダセェなって思う、〇〇だからって言葉

僕が個人的に違和感を感じる言葉があるんです。「正社員じゃないからそこまでやりたくないんだよね〜」「どうせ経営者じゃないから適当にやってます」「アルバイトなんでそこまでやりません」とか。え?じゃあ何してんの?って僕は思います、この人ダセェな…って(笑)

人に喜んでもらえる事を考えることに立場は関係ないんじゃないかな

〜だからやらないってなんだろう?自分がもっと出来る事に制限かけてていいのかなぁ?それで面白いかなぁ?って思います。僕のしている美容師の仕事は「どうしたらこの方は喜んでくれるかな?」とスタイリストもアシスタントも関係なしに考えます。僕的にはお店の為にとか、会社の為に、なんて思うのはちょっと重すぎてムリだと思うけど、直接関わる人だとか、仲の良い人だとか、身内だとか、そういう人には自然と思いませんか?「こうしてあげたら喜んでくれるかな?」って。それだけで僕は充分だと思うんです。今の技術じゃ喜んでくれないなと思えば自ら技術の勉強をするだろうし、今の人間力じゃ本心で喜んでもらえないなと思えば知識や教養を勉強するだろうし、それ自体は自分がやりたいと思えば無限に出来るんですから。

誰にでも他に役に立てる事はあると思う

最近頑張ってる立松君

ちなみに僕は美容理容などの学校へ行って学生さんに向けたガイダンスをするのが大嫌いです。正直やりませんと代表に伝えています、ワガママな僕ですが(笑)理由はさておき、そんな僕はそれ自体は嫌だけど別な方法はないだろうか?会社に出来なくて自分にできる事は何だろうか?と思い始め、最近では後輩くんを動画でSNSでアップして人や店の中やトレーニング方法などが目で見て感じられるようにやり始めたところです。これで当店に興味を持ってくれた方が仲間になってくれた方が何倍もいいと思ってます。結果的にこれが店の為になるんだろうと僕は信じてます。

 

夢中で駆け抜けた5年間

串揚げの居酒屋にて

先日、代表の全国大会出場のお祝いで営業後に食事に行きました。なにかと話では盛り上がっている時の事。いそいそと何かを取り出した代表。賞与の手渡しでした!そう、うちの会社賞与あるんです!いいでしょ(笑)ん?まだなんかあるっぽいぞ?「ジンジン勤続5年おめでとう!」とさらなるプレゼントが僕に(笑)その時にしみじみ思いました。名古屋に来てから今の店に勤めて5年経ったんだなぁ…と。正直言ってめちゃくちゃ早かったです。早すぎて後ろが見えないくらいに。

今の店では初めての事が多く、特にスタッフに関して大変な事が多かったなと思います。初めは5人ほどだったスタッフもみんな抜けて僕と代表の2人だけになった事もあります。なんとなく覚えていますが「2人になったとしても代表とならやっていけます」と僕は言いました。その時は2人だけになる事自体は初めてでどうなってしまうのかと思ったんですが危機感は全くなかったのが正直なところです。もしかしたら経営者じゃなかったからかもしれません。ただ、そうじゃないから出来る事があったんだと僕は思っています。今までやってきた「このに人に喜んでもらおう」という気持ちが揺るがなければどんな形でも大丈夫だと、うまくいくと、今でもそれは変わりません。

そんな思い出が蘇った代表からの手紙が一通入っていました(笑)あれ?今日は代表がメインだったのでは?笑笑

〜だから。こそ出来る事をしたい。

今回のようにどこかのシーンで感謝する事感謝される事があるんだなと実感できた。これ自体が自分だからこそ出来た事だと思います。だから僕は「〇〇だからやらない」というのはダセェなと思うんです。やらない方が良くなる選択はそれはまた別ですよ。立場が違うとか雇用形態が違うだとかそんな事を理由に制限かけずにもっと自分だから出来る事をやっていきたいものですね。

時には誰でも言える「ありがとう」というたった一言でも誰かを喜ばせる事が出来るのですから。

 

masakijin by
北海道出身名古屋在住の中卒美容師/現在は名古屋の中心部栄にあるモッズ・ヘア名古屋栄店で働いています/ビリヤード特訓中/遊びは大抵のことはやってみたいです/エクスマ90期/フロリダ族劣等生/
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です