あなたの人生をより良いものにする事をモットーに

白髪染めをするタイミングはいつ?

「最近少しづつ白髪が出てきたんだけど、白髪染めをするタイミングっていつなんですか?」

そう思う方もきっと多いはず。実際にお客さんからもこの様な質問を投げかけられる事が多いです。そんな時僕はどう答えるかと言うと……

「白髪が気になったらその時がタイミングです」

とお伝えしています。そもそもなぜ白髪染めのタイミングを聞かれるのでしょうか?実はそれにはいくつかの原因がある様です。

 

白髪染めに対する印象

一度も髪を染めたことのない方から、現在オシャレ染めをしている方の白髪染めに対する印象はどういった事が多いのでしょうか?

  • 黒く染まってしまう気がする
  • 明るく染められない気がする
  • オシャレ染めより頭皮や髪に悪い気がする
  • 色の選択肢がない気がする
  • なんか年齢的に白髪染めっていうのに抵抗がある etc…

無理もない話ですね、若い=オシャレ染め、ご年配=白髪染め みたいなところありますもんね?

でも、一旦全て忘れてください(笑)という事で新たに白髪染めについて説明させていただきますね。

最近の白髪染め(グレイカラー)

そう、最近では白髪染めをグレイカラーって言います。抵抗がないようになのかな?本当に考え方などが変わっています。もしかしたら僕も知らない事も多いかもしれません。とりあえず僕の知ってる範囲で最近のグレイカラーについてお話しします。

という事で先ほどの項目をひとつづつ理解していきましょう。

黒く染まってしまう気がする

結構周りの人の髪の毛とか気にして見てみる事ってありますよね、だいたいその対象が暗い白髪染めをしてる方が多いんですよね。

結果、白髪染め=黒い(暗い)になってしまってると思います。実はだいぶ昔は黒めの白髪染めじゃないと白髪が染まらなかったんですよね。というか白髪を完全に消す!に近いかも。

でも今は、ある程度オシャレ染めに近い明るさで白髪にも色が入るし、黒い印象がない状態で染める事が出来るんですよ。

明るく染められない気がする

これは気がするだけで、方法は沢山あります。結局明るければ明るいほど白髪に入る染料が少なくなって白髪に色が入らない状態になってしまいます。ですが、グレイカラーとオシャレ染めを混ぜてある程度明るくても白髪に色が入りやすくなります。美容室でいう10トーンという明るさまでもいけます。全体の髪の毛の色を抜いてから色をかぶせるダブルカラーという方法を使えばもっと明るくも出来ます。

ただ、覚えておかないといけないのは、明るければ明るいほどダメージも出るし、施術する工程が多ければ多いほど、費用も時間もかかります。それこそがプロと素人の違いとも言えるかもしれませんね。

オシャレ染めより頭皮や髪に悪い気がする

これに関して僕からは経験や感覚でしかお伝えできませんが、オシャレ染めも白髪染めもカラー剤自体が良くなっているので今まで頭皮がしみたりしてた方がしみなくなったり、以前よりもだいぶ髪の毛のきしみがなくなったり、匂いと刺激が以前よりもずっと減ったと思います。ヘアマニキュアやヘナカラーなどに比べるとやはりダメージというものは少なからずとも出てしまうものです。ただ、今ではカラーリングのダメージを95%ほどもカットしてくれる薬剤などもありますし、染め方やヘアケア次第ではかなりダメージも感じられなくなるはずです。オシャレ染めも白髪染めも遜色ないと僕は思います。

色の選択肢がない気がする

コレに関しては今はある程度種類があります。レッドブラウン、ココアブラウン、アッシュブラウン、マロンブラウンなどなど、皆さんのこういったご意見により色の選択肢は広がっています。言ってしまえば、ある程度の明るさのトーンであればオシャレ染めとなんら変わらないと思います。黒だけ、茶色だけということは今はないと言っていいでしょう。

年齢的に白髪染っていうのには抵抗がある

ですよね〜、今まではという事ですが。前述した項目の通りカラー剤、カラーリング技術は日々進化しています。1年でもだいぶ変わるんです、10年前となら全く違うといっていいと思います。最近は食べ物や生活習慣、遺伝的なもので20代前半くらいから白髪のある方は多くなったと思います。もう白髪があるなんて思われたくないですよね? ですが、会社勤めの方などもカラーリングに関してはだいぶゆるくなってきてると思います、そんな時明るめの白髪染めが今はできてしまうんですからやらない手はないですよね。

気をつけてほしい事

全てを踏まえて皆さんに気をつけてほしい事がいくつかあります。

【すでに黒染めで黒に近い暗い色にしてる方】は明るい希望の色にしたいかと思いますが、普通にカラーをすればなると思うのは間違いです。1度入ってしまった黒い色はブリーチに近いものを使って色を抜かないと(脱染といいます)明るくなりません。そしてさらにそこから白髪染めをかぶせる事になると思いますので、時間とお金がかかる事を覚悟しておくと良いと思います。

【カラートリートメントなどをしてる方】は特別な薬剤を常に使用していることになります。その大体がホームカラートリートメントです。普段使っているカラートリートメントには美容室でするカラーリングを邪魔してしまう事が多くみられます。ようするにムラになってしまう、または染まらなかったりするわけです。ひどい場合にはカラー剤が反応してビックリするくらいの濃い緑色に変化してしまうこともあり、これらは特別な薬剤を使わないと抜けないので注意が必要です。

【口頭と想像だけで仕上がりを判断しない事】が必要です。要は美容師とお客さんのイメージにはかなりのズレが生じます。そう言った意味で、ヘアカタログや画像などを見てイメージの共有をした方が良いと思います。最近の携帯画像では色を綺麗に見せたり、日本人の髪では、まずほぼならないであろう色に加工されているので、そういうのも美容師と相談すると良いと思います。

まとめ

白髪がどうしても常に気になる場合は染めてしまいましょう。それで気分やテンションが良い方向へ向かうならその方がいいと僕は思います。上記にもあるように、方法は限りなくあります。まずは自分で結果を出す前に美容師に相談しましょう。ただし、しっかり考えてくれる美容師にですよ。流れ作業で「いつもと同じでいいですね?」的な美容師には要注意です。

『タイミングは気になった時』ですよ。

神(じん)でした。

 

この記事を書いたのは……名古屋栄の癒し系?道産子美容師 神(じん)です。@masakijin1103

はじめましての方は…コチラ

 

下記から僕の勤務しているモッズ・ヘア名古屋栄店にご予約もできますのでよろしくお願い致します

モッズ・ヘアご予約フォーム(備考欄にブログを見てと入力いただけると何かいいことあるかも?笑)

現在は所縁のある場所での定期的な美容師「ユメハコビ」という個人でのプロジェクトを実践しています。興味のある方はこちらをご覧ください

2019年6月現在 3回目ユメハコビ(7月15日札幌)のご予約はキャンセル待ちです。

美容室に関する意見、悩みやご相談などがありましたら是非気軽にメールなどでお問い合わせください。必ずご返信します。

地方だけど近くまで来てカットなどして欲しいという方もお気軽にご相談くださいね。(全てお応えできるか分かりませんが…できるだけ頑張ります笑)

masakijin by
北海道出身名古屋在住の中卒美容師/現在は名古屋の中心部栄にあるモッズ・ヘア名古屋栄店で働いています/ビリヤード特訓中/遊びは大抵のことはやってみたいです/エクスマ90期/フロリダ族劣等生/
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です