5センチ切って下さい!は実は危険〜美容室でカットする長さのオーダーのコツ

こんにちは、神将生です(@masakijin1103) Instagram

この記事を書いている僕は中卒で、現在は名古屋は丸の内にある美容室【coupe】(クープ)を立ち上げオーナーとして働いています。

15歳で中学校を卒業して、もうかれこれ20年以上経ちます

僕のお店【coupe(クープ)】が1周年を迎えました

 

あなたならどう伝えますか?

 

「あー、なんか髪伸びてきたから整えにいこっかな~。いつも決まった美容室とか無いから、何となくよさげな所に行こうっと」

 

そういった感じでインターネットで評価の良いところや口コミの多いところ、

近いところや料金が安い所など、色々調べて美容室に行くと思います。

 

そうして初めての美容室に行くと、ほぼ必ずと言って良いほど【カウンセリング】から始まります。

 

きっとその前に最低限、記入しなければならない個人情報などがありますが、

これは名前や年齢、皮膚のトラブルがあるかないかなど、最低限の美容師側に渡す情報となります。

 

これらもヘアスタイルを考える為に、お客さんの好みや傾向などを引き出す大切な情報源となりますので出来る限りご自身に差し支えない程度で記入していただくと良いかもしれません。

 

皆さんにお聞きします、その日はカットのみ、あるいはカットを含めたメニューでの来店です。

その際に、「今の髪形は気に入っているから、形はそのままで、長さだけ少し短くしたい」

という事を美容師に伝える場合、いつも皆さんはどのように伝えていますか?

 

「整えるだけだし、どこの美容室に行っても大丈夫だよね」

 

そう思っていませんか?

実はこの、少し長さをそろえるだけっていう事だけでも、

伝え方によっては、大変な事になってしまうかもしれませんよ?

 

ということで、それらを踏まえて下記の3つをご覧いただきましょう。

 

カウンセリング時に美容師に伝える時はどうしていますか?

  1. 気になる画像、気に入った写真を見せる
  2. 自分の手でカットしたい長さの位置を示す
  3. cmで伝える

 

実際に美容室で働いていて、その中で多いお客様の傾向ですがこの中であなたならいつもどうしていますか?

全て何も問題ないように思いますが・・・

しかーし!!

実はこの3つの中で1つだけ【危険】が混ざっているんです。

あなたはどれなのか分かりますか?

わからなければもしかしたら何回かはデンジャーな経験をしているかもしれませんね。

では答えいきましょう!

 

答えは3番目に書いてある【cmで伝える】が危険なんです。

超危険です。

まじ危険です。

なまら危険です(故郷の北海道弁)

でら危険です(現在住んでいる名古屋弁)

 

実はこれにはちゃんとした理由があります。

その理由とは・・・

「人によって長さの感覚が違うからなんです!」

 

まずは、この画像を見てください。

 

この白い紙を「髪の毛」と想定して実験してみました。

 

この縦長の髪を「5cm切ってください」と言って、自分も含め3人の美容師に切ってもらった結果です。

 

1番左が切る前の髪

あとの3つはそれぞれの人が5cmと言われて切ったものです。

 

さて、どうでしょうか?

なんか…バラバラですねぇ…

そうなんです、みんな本気で切ったのに、完全にバラバラなんです。

 

同じ5cmを切ったはずなのに全て違いますよね?

お判りいただけましたか?

今回は、紙をカットしましたが、

こういう事が現実にも起こりうるんです。

 

怖いですよね?

みんなが思う長さは、みんなが同じとは限らないんです!

 

恐怖の体験

ここで、美容師である僕が実際に経験した事のあるお話をしましょう。

 

スタイリストになって3年くらいたった頃でしょうか、

初めのスタイリストになりたての様な緊張感というものはほぼなくなっていた時期でした。

 

その日は数回ご来店されたことのあるお客様がいらっしゃいました。

 

その当時の僕はカウンセリングの重要性には全く気付いていなく、

いつもの雰囲気の流れで、あいまいなカウンセリングをしていました。

 

そのお客様は腰くらいまであるとっても長いロングヘアでした。

 

そして、サイドの髪の長さを指で示し

「これ位に切ってください」

と僕に言いました。

 

その長さはアゴくらいの長さで、すごく短くするんだなぁ。。。位の気持ちでした。

 

いつも後ろの髪の毛からカットするのがベーシックだったので、

後ろの髪の毛から僕はザクザクとアゴ位にカットしていきました。

 

そこでお客様は言いました。

 

「あの~、横の髪の毛だけアゴ位に切ってほしかったんですけど。。。」

。。。。。。(え?)

 

その後の事はあまり覚えていませんが、血の気が引いて青ざめていたと思います。。。

もう二度とこんな事は経験したくないですね。。。(怖)

 

失敗しないオーダーの極意

上記の話や先ほどの実験からわかるように、イメージの共有というのはとても難しい事なのです。

 

ですが、しっかりと美容師に伝えることが出来ればこういった事態も防ぐことが出来ます。

 

どういう事をしたらよいかというと、

・口頭だけではなく、手で長さを示して美容師と目で見て共有する

・画像などで、細かいニュアンスや形、毛先の質感などのイメージを共有する。

・カットしている最中にもお互いに確認し合う。(あらかじめ、切ってみてから決めてもいいですか?と言っておく)

たった3つ、これだけの事で最悪の事態は防げるし、きっと満足いくスタイルに近づくと思います。

 

それがオーダーのコツです。

 

ヘアカラーでも同じで、しっかりとカラーチャートを見ながら色を確認して

果たして自分の髪の毛でこの色は可能か不可能か?

自分の肌の色に似あうのか?服装には似合うのか?

 

言葉だけで「グレージュにしてください」と言うのではなくて

グレージュでも様々な色の違いがありますので、

これらも画像などを見せて、この感じの黄色味がイヤとか赤みがイヤとか、

こういった、目で見てお互いで確認という事が大事ですので、しっかり覚えておきましょう。

 

最低限こういった事をしっかりとしてくれる美容室を探すという事も大事ですので、

初めて行かれる美容室や理容室は、SNSやウェブサイトでしっかりと内容やブログなどを見て行くと良いですよ。

 

良いヘアスタイルは良い関係性から

 

お客さんと美容師、お互いの信頼関係が出来てくると、お互いの気持ちが伝えやすくなります

 

そうすると自然にお互いの考えを理解しようと思ってくるものです。

 

1回目より2回目、2回目より3回目と少しずつ良くしてこうと美容師は思います。(よっぽど変な美容師じゃなければ笑)

 

きっと、「この美容師さんじゃなきゃイヤ!」という方も少なからずいると思いますし

僕自身もそうやってお客様に言われることもあります。

 

とてもありがたい事です。

 

そうなってくると、細かいニュアンスの話もしあえるので、より自分に合った気に入ったヘアスタイルに近づくと思いますよ。

 

そんな素晴らしい【お客さんと美容師の関係】でありたいものですね。

 

美容室に行くときにはぜひ参考にしてくださいね!

とくに初めて行くお店の場合は必須ですよ!

 

神でした。

『黒髪の大人っぽい・可愛いショートヘア』にしたい人の為の3つのポイント

【白髪染めを明るくする方法】母が喜んでくれたのでそのメニューをお店のメニューとして作りました。

【くせ毛さん必見】梅雨時期や夏のくせ毛を良くする4つの方法

この記事を書いたのは……名古屋栄の癒し系?道産子美容師 神(じん)です。@masakijin1103

はじめましての方は…コチラ

Facebookもやってます(よかったらお友達申請もして下さい笑)→Facebook

下記から僕のお店「coupe(クープ)」のご予約ができますので名古屋にお住いの方はとくによろしくお願い致します(笑)

coupe(クープ)のホームページ

現在は縁のある場所での定期的な美容師「ユメハコビ」という個人でのプロジェクトを実践しています。興味のある方はこちらをご覧ください

 

masakijin by
北海道岩見沢市出身の名古屋在住の中卒美容師/現在は名古屋丸の内でプライベートサロン的な美容室coupe(クープ)を開店し営業してます/定期的に札幌へ行きユメハコビという個人プロジェクトを実践しています/ビリヤード、ダーツ特訓中/遊ぶことが好きです/エクスマ90期/
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です