あなたの人生をより良いものにする事をモットーに

ダーツはコミュニケーションのひとつ〜第3回みんなで〇〇しよう! 今回はダーツでした。

みんなでダーツしました!

普段来てくれているお客さん達と集まって遊ぶ!っていうとにかく遊ぶっていう企画。

今回は第3回目の企画【ダーツ】でした。


と、その前に、ダーツってやった事あります?笑

友達や仲間と数回だけとか、本当に軽くだけ、という方に僕の浅はかな知ってる情報だけお教えしましょう。

ダーツはどこでやる?

今は結構ダーツのマシンを置いてあるところが多いです。

まずはダーツBAR。ここには純粋にダーツを楽しみたい人が多いです。うまくても下手でもダーツBARに行くと店員さんが教えてくれたり、お酒を飲むだけでも行って様子を見てもいいと思いますよ。お店によっては定期的にお店の大会を開いたりしてる所も多いようです。常連さんも多いかもしれませんね。基本的にお客さんも店員さんも大体みんな親切です。ダーツを楽しむ時には時間貸しだったり、マシンに直接100円を入れてやるタイプのものも多いのが特徴ですね。

ほかに、インターネットカフェなどにダーツを置いてある所も多いです。基本的にインターネットカフェは時間で料金が設定されています。要するに時間内であればダーツが投げ放題。飽きてきたり休みたければ漫画を読んでる人も多く、なにせ飲み物も飲み放題とお得です。僕は基本こっち派です。とにかく投げ込みたいタイプなので。ただし、夜とかは飲み会のあとに来る人だったり団体だったりの方々も来るのでうるさすぎて集中できないこともあるので気にしない方は良いと思いますが、気になら方は午前中から夕方、深夜とかに行くと良いと思います。

ダーツとはどんなものか

まずダーツには、大きく分けてソフトダーツとハードダーツというものが存在します。

ダーツの先が金属でグサっと刺さるものがハードダーツ。

ダーツの先がプラスチックでダーツボードに小さい穴が細かく空いててそこに刺さるようになっているものがソフトダーツ。

基本的に皆さんがやったことのある方は後者のソフトダーツだろうと思います。日本ではこっちがメインですね。

ダーツの矢の違い

ボーリングと似たようなもので、お店で誰でも使えるダーツの矢があって、それがハウスダーツ

自分で買ったりして部品を組み合わせて自分好みにカスタムするダーツの矢がマイダーツ

当然使い慣れたり投げやすくなるのはマイダーツですね。なにせカッコイイ笑

ダーツのマシンの種類

ダーツのマシンにも種類があります。僕が知ってるのは2つだけ、【ダーツライブ】というマシンと【フェニックス】というマシンがあります。どう違うか?というと基本的なルールなどはほぼ一緒です。操作性や映像や演出、ランクの付け方などが違います。こればっかりは好みによるので好きな方を皆さんやってたりしますね。双方ともそれぞれに面白いです。僕は2つ共その日の気分やお店の空き状況によって変えてます。

ゲーム内容は沢山あるのですが、これさえ知っていれば間違いないっていう基本的に簡単に出来るゲームを3つ紹介しますね。(僕もこんくらいしか知らない笑)

ダーツを始める前に

まず下のボードを見てみましょう

まず、真ん中の赤い丸と黒い丸が50点(ゲーム内容によっては黒い丸の方が難しいので何かに有利だったりします、それは後ほど)

ピザのように二等辺三角形で分けられてて、外側に数字が書いてますね、そのピザのワンピースに矢が刺さると外側に書いてある得点になります。

更にそのピザのワンピースの中に、赤い方と青い方の小さい四角と長い四角があります。赤と青に色分けしてあるのは、見えやすくするためです。

小さい赤青の四角はトリプルと言って、外側に書いてある数字の3倍の得点がもらえます。20点のトリプルなら60点です。そして長い四角の方はダブルと言って2倍の得点がもらえます。20点のダブルなら40点です。的が小さくて狙いにくいほど得点は高いと思ってもらうといいかもしれませんね。

カウントアップ

これは1番シンプルで簡単かつ自分の実力がわかるゲームとなります。

基本的に1セット3本投げるのが基本です。それが8セットあります。ダーツの得点で1番高いのが60点なので、3本とも60点なら180点(トンパチって言います)それが8セットで1440点がMAXになりますが、そんな得点まずプロでも出ません笑

基本的にど真ん中の50点(BULL)を狙うのが通常です。それで得点を重ねていきます。

投げ終わった得点がカウントアップの得点。ひとりで黙々とやるもよし、友達や仲間と対戦するもよしの簡単なゲームです。

01(ゼロワン)

これは最初からある得点を減らしていくゲームです。【301】【501】【701】などなどあります。内容としては301点を減らしていく、501点を減らしていく701点を減らしていくなどありますが、初心者は301からはじめると良いでしょう。

このゲームも簡単でシンプルではあるのですが、一つだけネックとなる部分があります。得点がぴったりで終わらないとダメなのです。昔スゴロクとかでやったことありません?ぴったり着かないとゴール出来ない…あれと一緒です笑

なので20点残ってるとして、20点にダーツが刺さった時点で終了、15点に刺さったなら残りは5点、その時は5点を狙ってぴったり終わらないといけません。もし5点残ってて10点に刺さり越えてしまったらBURSTで次のセットに回されます。3投あって1投目にBURSTしたら残念、その時点で次のセットに回されます

ぴったり終わるってなかなか難しいっす笑

とは言っても、確か全部で15セットあります。3投づつなので45回も投げられるので結構余裕がありますので安心して下さい、対戦なら逆転も可能ですよ笑

クリケット

自分の陣地を先に取って得点を重ねていくゲーム

これは友達や知り合いに教えてもらって下さい笑

うまい説明の仕方がわからない… 1、2回やったら覚えれますのでとにかく誰かとやってみて(丸投げしてすんません…)

これもメインとなるゲームの一つです。

ダーツはひとりでやってもよし対戦してもよし

うまくなる為に黙々と練習するのも楽しいのですが、たまに飽きてきちゃいます。そうなるとどうしましょうか?やめちゃいますか?それだともったいないです。

実は、ダーツは身近に友達や仲間がいなくてもオンラインで対戦できるんです。僕はこれでモチベーションを保ったらしてます。

ただし、カードを作ったらの話です。

マシンでカードが分けられているので、【ダーツライブのカード】【フェニックスのカード】のいずれかを購入して下さい。カードは540円で買えるのでダーツが出来る所で購入して下さい。ずっと使えるので購入をオススメします。記録が残るのでその方が楽しいですよ。

いざ買ったらマシンにセットするだけです。そしたら次に【オンライン】ていう項目があるのでそれを押します。そこで対戦相手の一覧がリアルタイムで表示されるので選んで決定を押す。

うまくつながれば対戦できます。つながらなければ他の人を選択しましょう。

画面上に相手の人が映るので、始まる前に手を振ったりお辞儀すると良いでしょう。相手の出方を見て真似すると良いですよ。

カードのセッティングやオンラインのやり方が分からなければ、店員さんに聞くか、周りの人のやってるのを横目で覗くか、近くで投げてる人の手が空いたら教えてもらいましょう。

ダーツはひとつのコミュニケーション

会社員の方ならよく聞くと思いますが、お得意さんとかと接待やら何やらでゴルフに行きますよね?

それがダーツでもあり得ることなんですよね。ひとりで出来るから、意外とダーツやってる人って多い。本当に、意外とっていう言葉がしっくりくるくらい多い。結構みんなマイダーツ持ってるんですよ。あと、年齢が関係ない。若い方からご年配の方まで、本当に幅広く出来ます。そしてそのシチュエーションにはお酒もあります。飲みながらダーツを投げて、拳を合わせたりハイタッチしたり、お互いの良いプレイはお互いに称え合い、ダブルスなら助け合い、足を引っ張り合い(笑)

足引っ張り合いチーム

 

僕は基本的に人見知りで、最初はあまり人に馴染めないタイプなんですけど、そんな人にもダーツはオススメです。たまに隣で投げてる人とかに「対戦しませんか?」なんて誘われることもあります。ちょっと緊張しちゃいますが、初対面でも全然大丈夫なんですよね、ダーツを通してだと。全然名前なんて知らなくていいし、年齢関係ないし、職業も知らなくていい。仲良くなって気が合えばその時に打ち解ければいいし友達になればいい。

ダーツってそういう素晴らしいコミュニティだと僕は思うんですよね。現代においても向いてると思う。

人がつながる楽しさ

本題に戻りますが(長かったー笑)

大人になると学生の時に比べると圧倒的に仲間たちと遊ぶ機会が減ります。転勤や異動で知り合いが近くにいなかったり、人と集まって何かやるっていう事も無くなってしまいます。そんな時、勤めている会社の人達ではなくて、別なコミュニティで遊んだりする必要があると僕は思うんです。

今回はお店に来てくれてるお客さん達で集まってダーツをしました。初めて参加してくれる方、初めて会う人達同士、知らない人達でペアを組んでお互いに打ち解けあっていく。もちろん僕もひとりの人間なので人を見て誘います。気の合わないような人とかは誘いません。なので、自分と気の合うような人たちが各々に勝手に仲良くなってくれたりする事が本当に嬉しいんですよね。それが広がっていく事を考えるとワクワクしませんか?

「ジンさんのお客さんだから良い人ばっかりですね」なんて言われたりするんですが本当に嬉しい。でもきっとそれってそのお客さん自身が良い人なんだと僕は思うんです。そんな人達が集まってくれたっていうだけで僕は満足です。

独立したらもっとそんな機会を増やそうと思ってます。美容師だけどそれはあくまでも僕が人に喜んでもらえる事が出来る手段のひとつ。そこに遊びやら趣味やらたくさんの事を詰め込んでいきたいですね。

何かやりたい事があったら教えてください、必ず企画しますから(笑)

気になる今回のダーツは

今回は人数が減って減って6人でのダーツでした。2人1組のダブルス戦のリーグ戦。毎回恒例なんですが、罰ゲームありき笑

みんながみんな「いやいや僕なんて…」「いや〜結構久しぶりで…」なんて言いつつメチャクチャ上手いやん!!みんな嘘やん!!

約2時間の間でしたがギリギリの攻防だったりあっさり勝ったり負けたりでみんなでワーワーキャーキャー言ってその時間を楽しんでいました。

圧倒的に上手い通称 大魔王

 

これも毎回恒例になりつつあるんですが、僕のチームはまた罰ゲームになってしまった……

今回の罰ゲームは「大盛りチャレンジの店で大盛りカツ丼を食べる!」という少食の僕にはあまりにもキツい罰ゲームとなりました。あ、でも食べきれたら別の人に回せるという特別ルールつきだからみんな楽しみにしててね(笑)

日にちが決まったら敗者チームで行く予定です。

今回集まってくれた皆さん本当にありがとうございました!めっちゃ楽しかったー!

次回はボーリングを予定しています。みんな修行しておいてね。

そして気軽に参加してくれる方々、僕に言ってくださいね、ご参加お待ちしてます!

 

僕はここでこんなことしてます

この記事を書いたのは……名古屋栄の癒し系?道産子美容師 神(じん)です。@masakijin1103

はじめましての方は…コチラ

 

下記から僕の勤務しているモッズ・ヘア名古屋栄店にご予約もできますのでよろしくお願い致します

モッズ・ヘアご予約フォーム(備考欄にブログを見てと入力いただけると何かいいことあるかも?笑)

 

美容室に関する意見、悩みやご相談などがありましたら是非気軽にお問い合わせください。

現在、『ユメハコビ』というプロジェクトで札幌での施術も不定期ですが行なっています。2回目の今回は札幌で5月13日(月)です。予約はもう4時のみでメニューもカットなら入れる感じですので良かったら連絡下さいね。

地方だけど近くまで来てカットして欲しいという方もお気軽にご相談くださいね。(全てお応えできるか分かりませんが…笑)

あと、場所を提供してくれる方はSNSでご連絡くださるとありがたいです。全国どこでもいいのでよろしくお願いします。

masakijin by
北海道出身名古屋在住の中卒美容師/現在は名古屋の中心部栄にあるモッズ・ヘア名古屋栄店で働いています/ビリヤード特訓中/遊びは大抵のことはやってみたいです/エクスマ90期/フロリダ族劣等生/
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です