夏に髪の毛が傷んでしまった方必見!!頭皮と髪の毛に受けた夏の紫外線ダメージをケアする方法 ~現役美容師がコッソリ教えちゃいます~

夏に受けた紫外線の、頭皮と髪の毛のダメージ。

結構軽視してる方が多いようですが、そのまま放っておくと大変な事になっちゃいますよ~

なんて、ちょっと怖がらせてすいません、、、(笑)

でも残念ながら本当の事なんですよ~(泣)

 

という事で今回は、受けてしまった夏の紫外線ダメージをケアする方法です。

※夏の紫外線ダメージで髪の毛が傷んでしまった方や心配な方、頭皮ダメージが気になる方や心配な方に向けた改善方法です。

 

紫外線ダメージで頭皮はどうなるのか?

人の身体の中で、太陽から一番近いのが頭皮です。

人の頭には、つむじや分け目がありますが、その部分は他の部分よりも頭皮がむき出しです。

夏も終わりに近づいた現在、頭皮が茶色く日焼けしている方がとても多いです。

さて、その場合どうなるでしょうか?

頭皮の水分が無くなり皮膚が硬くなります。

そして頭皮の機能が低下して抜け毛が多くなっていき、その状態でまた日焼けをすると今度は毛穴が無くなってきます。

そうするともう髪の毛は生えてこなくなり、頭皮の柔軟性が損なわれ、お顔も垂れてくるようになってしまいますのでシワやたるみが増えてしまう事は避けられないでしょう。

 

紫外線ダメージで髪の毛はどうなるのか?

頭皮を守るために髪の毛というものがあります。

という事は、髪の毛は頭皮を守るために紫外線やあらゆる外傷を一番受ける場所と言えます。

黒髪でカラーもパーマなども全くしてない方でも、紫外線を浴び続けると髪の毛がハイトーンカラーくらいまで明るくなり、手触りもそれ相応にざらついたりパサついたりします。

そんな健康とも思える髪の毛でさえハイトーンになるほどのダメージが出るので、定期的にカラーリングなどをしている髪の毛でしたら、想像されている通り、黒髪の時よりも枝毛や切れ毛が出てしまうので本当に注意が必要です。

 

紫外線ダメージを受けた頭皮をケアする方法

乾燥、頭皮の硬さ、血行不良による毛穴の代謝不足、それらをケアする方法としてとても効果的なのが

「ヘッドスパ」です。

ヘッドスパはされた事がありますか?実はヘッドスパには様々な効果が期待できます。

お湯でほぐれた頭皮に専用のクレンジングクリームやオイルを馴染ませます。

そして手技やマッサージ機などを使って頭皮のクレンジングとマッサージをしていきます。

頭皮には数多くのツボがありますので、それらを刺激する事により、リラックス効果を得られます。

頭皮を綺麗にして保湿→血行を良くして→頭皮と髪の毛を健やかに保ち→リラックス効果で気持ちも健やかに保つ

 

これによって簡単に頭皮をケア出来ます。

朗報ですが、お顔のリフトアップをしたい方はヘッドスパをするとかなりの効果が得られます。

お顔も頭皮もつながった一枚の皮膚だという事を心に留めておきましょう。

 

紫外線ダメージを受けた髪の毛をケアする方法

紫外線ダメージで無くなった髪の毛のツヤや指通りの悪さ、パサつきざらつき、そういった髪の毛のあらゆるトラブルをケアする方法として効果的なのが

「トリートメント」です。

美容室でトリートメントをされたことのある方は多いと思いますが、一概にトリートメントと言っても様々な種類のジャンルのものがあります。

エイジングに特化したもの、ハイダメージに特化したもの、ケアとして継続するものなどなど。

ここではシステムトリートメントというスタンダードなトリートメントをご説明させていただきますので、別なケースの場合は下記の記事をご覧ください。

髪の毛がザラザラチリチリしてきたらそれはエイジング毛(髪の毛の老化)です。~加齢による髪の毛の悩みを改善する新技術を体験してみませんか?~

カラーリングをした時にトリートメントもした方が良い理由

 

基本的にトリートメントは、髪の毛の減少したものを補給して閉じ込めてガードするようなイメージです。

 

簡単に説明しますね。

まず海苔巻きや太巻きをイメージしてください。(ふざけてませんよ!マジですよ!笑)

海苔巻きを覆って守っている海苔が破れておいしいお米が外に飛び出してくずれ、中心にある具材も落ちてしまう。

海苔巻きの人生はそこで終了です。。。

 

髪の毛で説明すると

髪の毛のタンパク質を覆っているキューティクルが破れて栄養分であるタンパク質が外に飛び出して流れ、中心にある毛髄質も崩れてしまう。

髪の毛の人生はそこで終了です。。。

 

そこで、どうやってケアするかというと。。。

 

その海苔巻きで例えると、中心から具材を入れなおしてお米を補充して、新たに海苔を巻いて復活!

髪の毛で例えると、トリートメントでタンパク質やCMCと呼ばれる髪の毛の栄養を補給し、疑似キューティクルで表面を補強して復活!

 

トリートメントとは、そういった重要な役割を担っているんですね。

ケラチンタンパク質やコラーゲンタンパク質を補給→CMCでそれらをつなげて髪の毛の外に流出しないようにして→疑似キューティクルでコーティング

 

タンパク質が髪の毛に入ると、髪の弾力や水分保持が出来てしっかりとハリのあるしなやかな髪になります。

そして疑似キューティクルで表面を整えるので、髪の毛のツヤが出て、ストレスのない気持ちの良い指通りになります。

 

トリートメントをすることでこういったあらゆるトラブルを簡単にケアできます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

夏の紫外線による頭皮と髪の毛のダメージ。

知るとケアしなきゃ!と思っちゃいますよね(笑)

今回は美容室のメニューで出来る簡単なケアの仕方を紹介させていただきました。

一度、美容室でケアが出来ましたら、次はご自身でのケアになります。

それが最も重要と言えるかもしれません。

美容室でのケアは月に1度2度ですが、ご自身でのケアは毎日出来る事です。

その積み重ねが、5年後10年後、将来のご自身の髪の毛の状態を左右します。

 

「将来の髪の毛をケアするのは今のあなたです」

 

自分の髪の毛、大切にしていきましょうね(^^)

神でした。

 

35歳を過ぎたら髪の毛と頭皮をエイジングケアしましょう【シャンプー、トリートメントのおすすめ】

この記事を書いたのは……名古屋栄の癒し系?道産子美容師 神(じん)です。@masakijin1103

はじめましての方は…コチラ

Facebookもやってます(よかったらお友達申請もして下さい笑)→Facebook

下記から僕のお店「coupe(クープ)」のご予約ができますので名古屋にお住いの方はとくによろしくお願い致します(笑)

coupe(クープ)のホームページ

 

お悩みやご相談事がございましたら下記のLINEかフォームにご連絡くださいね。

【LINE ID】jinmasaki1234(LINEでのご質問も多いです)

 

masakijin by
北海道岩見沢市出身の名古屋在住の中卒美容師/現在は名古屋丸の内でプライベートサロン的な美容室coupe(クープ)を開店し営業してます/定期的に札幌へ行きユメハコビという個人プロジェクトを実践しています/ビリヤード、ダーツ特訓中/遊ぶことが好きです/エクスマ90期/
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です